陶工 岸道生 プロフィール                        
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
       
    
昭和21年 埼玉県本庄町(現本庄市)に生まれる。
昭和40年 県立浦和工業高等学校卒業。
昭和43年 東京電機大学短期大学卒業。
昭和46年 東京電機大学Ⅱ部電気工学科卒業。
  電気機器メーカー精工社製作所入社。
昭和49年 大宮市教育委員会主催「やきもの講座」講師安岡路洋氏(後に開運なんでも鑑定団・鑑定士)を受講し飯能焼復活を志す。
昭和50年 会社退職。 福島県会津本郷町(現会津美里町)会津本郷焼窯元・宗像窯七代目宗像亮一氏に師事。
昭和54年 独立。大宮にて飯能の土、灰などを使い試作し開窯準備する。
昭和57年 飯能市中藤に築窯し初窯。

☆公募展出品 日本陶芸展・茶道美術公募展・日本民芸館展・日本民芸公募展等に入選。
☆招待出品 埼玉県立近代美術館『現代うつわ考』
☆個展 高島屋大宮店にて平成2年から10年まで毎年開催。高島屋東京店・高島屋新宿店・東京銀座黒田陶苑・東急百貨店本店・丸広川越店・丸広飯能店等
☆東京ドーム『テーブルウエア・フェスティバル~暮らしを彩るうつわ展』に平成5年~9年まで出店。
☆埼玉県推奨品「彩の国優良ブランド品」に筒型花入・花瓶・広口花瓶が認定される。
☆平成17年・18年4月から9月まで駿河台大学経済学部非常勤講師を委嘱される。
☆平成18年11月飯能市より次の規定により表彰される。『産業の開発に貢献し、その功績が特にすぐれている』 (業績概要:長年にわたり、飯能の土を使った陶器をやくため、破草鞋窯の陶工として貢献してきた。飯能焼は『彩の国優良ブランド品』にも認定され、本市の産業・観光に与えた影響は多大であり、これらの功績は顕著である。)
☆平成19年3月丸広百貨店飯能店で第1回陶芸展
☆平成19年5月入間市博物館「第5回館蔵煎茶道具展」にて急須制作の実演を依頼される。
☆平成19年6月飯能市に作品6点寄贈
☆平成21年6月埼玉県物産観光協会より特別功労賞を受賞
☆平成21年日高市高岡の土を使い高麗郡焼吉志窯を興し平成22年2月将軍標を高麗神社に納品。
☆平成22年3月東京都美術館で開催された『蒼樹展』に初出品し蒼樹会銅賞を受賞する。
☆平成22年9月「蒼樹会選抜展」出品  有楽町交通会館
☆平成24年10月『蒼樹会』会友に推挙される。
☆平成24年11月第1回飯能ものづくりフェア実行委員会会長
☆平成25年3月「蒼樹会選抜展」出品 有楽町交通会館
☆平成25年5月第2回飯能ものづくりムフェア実行委員会会長
☆平成25年9月蒼樹展出品
☆平成26年1月飯能市市政施行60周年記念表彰て゛表彰される。
☆主な納品先 埼玉県(秘書課・教育局・人事課・文化振興課・公園スタジアム課その他多数) 埼玉県物産観光振興協会「そぴあ」・所沢法人会・飯能ロータリークラブ・西武「菊水亭」等
☆飯能美術家協会・副会長・幹事長、蒼樹会会友、飯能商工会議所会員、埼玉県物産観光協会会員、飯能観光協会会員

社団法人東京電機大学校友会 平成12年7月20日発行
工学情報 2000夏 より 
卒業生の広場
「破草鞋窯」の職人として 岸 道生

 はじめに
 私は飯能焼窯元破草鞋窯(はそうあいがま)の職人(陶工)、そして女房がマネージャー、要するに当窯は家内製手工業である。窯を開いて18年、焼物の修行からすると、25年になる。なぜこの仕事を始めたのか。
昭 和43年短大卒業後、二部電気工学科に編入学、昭和46年に卒業した。そして(株)精工社製作所に入社し、技術部検査課で船舶の電装設備、学校実験用装 置、サイレンなどの検査業務にたずさわり、昭和50年8月(29歳)退職。飯能焼の復活を志し、福島県会津本郷焼窯元 宗像窯七代目宗像亮一氏に弟子入り し飯能焼復活に必要な技術、技能を修得、昭和54年12月独立した。
窯を開く準備の後、昭和57年飯能市中藤に築窯、11月に初窯となった。なぜ焼き物を選んだのか。
 第一点は会社に在職中一生出来る仕事とは何か探していたところ、職人(手仕事)の方が自分には向いているのではないかと感じたからである。
 第二点は休みを利用し、焼き物の産地を見て歩いているうちに興味を持ち、また大宮市教育委員会主催の焼き物講座を受講(講師安岡路洋氏)し、飯能に焼き物の窯(江戸時代天保年間から明治23年まで)があったことを知る。
 第三点は窯があったとと言うことは、飯能に粘土が存在している。しかし、その時点では、まだ窯を復活したものがいないという。ならばこの仕事だ、と決定、次にどこで修行したらよいのか。

 宗像窯に入門
  飯能焼は民窯であり、日常使うものを多く焼いていた。この条件を満たす窯はどこかいろいろ調べたが、作家といわれるところは何かが違う。伝統があり、自前 の原料を使っている窯。それは宗像窯であった。電話をして、弟子入りしたい旨を伝え会津へ行き早速入門を許された。入門から25年、師である宗像亮一氏の 教えである民窯のこころを支えにこだわり続けて来た。
破草鞋窯の原則は、①100%地元の粘土を使うこと、②使いやすい器であること、③道具とし て調和がとれ出しゃばらないこと、④出来るだけ天然の原料を使うこと、などである。何故ならば焼き物は地元の粘土を使ってこそ、その土地、土地の特徴とな るである。現在では流通の発達により他の産地から移入した粘土を使って○○焼と称しているところが多い。特に東京、千葉、埼玉では、地元の粘土を100% 使用しているのは、我が窯位ではないかと思われる。
 器とは使うためにある。飲みやすく、食べやすく、持ちやすく、収納しやすく、洗いやすい。これらを満足できれば考えている。そして大事なことがある。それは料理、花、お茶、菓子などが主役であり、器は脇役である。
従っ て主役を超えてはならないが存在感のある脇役でなくてはならない。そしてシンプルな方の方が機能的によく、飽きがこない。器の表面に掛けてあるのが釉薬で あり、くすりともいう。基本的には、長石と石灰分から成り立っているが、この石灰分を好物から摂るか植物から摂るかによって釉薬の表情も変わってくる。好 物からの場合は石灰、植物からの場合は木灰を使う。しかし、最近では合成した灰が主流である。それには石灰が使用されている。なぜなら石灰は非常に安定し ていて大量生産には向いているが、味わいがない。天然の灰は植物の種類および1本の木でも根、枝、葉などによって含まれる成分が異なっているため、不安定 になり大量生産には向かないが、くすりに味わいが出てくる。
 地元飯能周辺では、江戸時代から杉、檜の産地で西川材と呼ばれていた。この端材を冬 の間の暖房の薪として使い、残った灰を精製し、あく抜き(灰に含まれるアルカリ分を水に溶け出させる作業)をする。当窯では風呂桶に半分ぐらい灰を入れ水 を満たし3日に1度水を換え、約2ヵ月かかる。最近では粘土も灰もすぐ使える状態で陶芸材料店で手に入るようになり、こだわらないのが当たり前となった。 このようにただひたすらこだわり続けることは、かなりきついが、原則を捨てられず、これも工業高校、大学、会社と技術畑で育って来たためかも。お陰様で生 活はいまだに苦しいまま、しかし職人としてのこだわりは私の誇りである。

やきものと生活
 や きものを収集する人、使う人がいる。収集の目的は人それぞれだが、まず投資のため「この陶芸家の作品は将来高くなりますよ」とすすめられて買う人、古いも のが好きだが高価で買えない、しかし今のものでも似たような物なら買うという人、○○焼の○○窯ものだけ買う人、これらの人々はたぶん飾るか押入れにしま うかで、あまり使うことはしないと思う。工芸品とは、本来使うために作られているものである。高価なものだから壊してしまうともったいない、安いから壊し ても安心だと人は言う。しかし、使うことは心を豊かにすると思う。高価でも、安くてもさりげなく大切に使う。そして、それぞれの生活にどのように活かすか 考えること。たとえば花器に豪華な花を生けなくても、身近にある水の入る器ならなんても花器になり、野に咲く地味な花でも生ければ季節が感じられたり、心 を和ませてくれる。なかなか良いものではないかと思う。特にハイテク機器に囲まれている職場の机などに置けば、ちょっとした安らかさを得られるのではない だろうか。
 私は、お客様(主婦)からよく聞く言葉がいくつかある。まず「それは何に使うの」「この皿に1尾100円の秋刀魚をのせるのもったい ない」そんなときは「秋刀魚に失礼ですよ」と申し上げる。芋の煮っ転がし盛るの「もったいない」という具合に和の料理を盛り付けるのに「もったいない」と いう。それならどんな料理ならいいのか。美味しい魚を食べてもらおうと、命がけで漁をする漁師さん、いいものを作ろうとする農業の方、これらの人の気持ち はどうなのだろうか。 「うちでは大皿(30cm位)があれば良いの、みんなでつっいて食べるから一人ひとりに盛るのは面倒でしょ」という人もいる。しか し、これでは体にあまり良くない。和食はアメリカで病院食に取り入れられていると聞く。魚貝類、野菜、米が中心の食事が和食である。これらを盛り付ける器 は小鉢類である。一人ひとり盛り付けられるので、食べる量が調整しやすい。大皿類に盛り付けると好きなものだけを食べてしまい、嫌いなものを食べなくなっ てしまう。つい食べ過ぎてしまう。これらを防ぐ為にも一人ひとり盛り付けたい。

 洋食器と和食器
  洋食器で食べるときはナイフとフォークを使う。器は皿が中心となり、深いとナイフが使えなくなる。食べ方は皿をテーブルの上に置き動かさずに顔を皿の方に 近づけて食べ物をナイフで切ってフォークで口に入れる。スープなどを飲むときはスプーンを使って口に運ぶ。調理の方法は、食材を大きいまま煮たり焼いたり して食卓の皿をまな板代わりにして切って食べる。
 和食で食べるときは箸を使い、器は向付、小鉢、小皿など深いもの、浅いもの、かたちも様々であ る。食べ方、器を左手で持ち体の前まで持ってきて右手の箸で口に入れる。飲むときは直接、器に口を付けて飲む。調理する時は食材を一口または二、三口で食 べられるように、まな板の上で切って煮炊きする。魚はいろいろな調理方法があり別だが、和と洋ではこのように異なっている。最近、ラーメンを食べるときな ど片方の手で箸を持ち麺を口に入れ、もう一方の手にレンゲを持ち汁を口に入れて飲む。決して器は手に持たない。最も器は洗面器のように大きいものが多い が、こんな食べ方を見かけると腹が立つ。しかし、一応は中華だから良いのかな。
 和食は盛り付けにも神経を使う。料理がより美味しく、美しく感じ るように、器どうしのバランスを考える。だからこそ器を作るのは楽しい。最近、未成年者の様々な事件が起こっている。人を殺したり、傷つけたり、いじめた りと平気である。たぶん次のようなことも原因のひとつかもしれない。子供に壊すともったいないと使わせない。怪我をするからと包丁もナイフも使わせない。 そして気に入らなければどんどん捨てる。
 これでは、大切なものを壊した悲しみ、指を切ったときの痛みなど自分自身で体験し、実感することも出き ない。パソコンを使ったり、ゲームに夢中になったりする子供は多い。しかし、実感の伴わないバーチャルの世界である。人が生きて生活生活していく上で基本 的なことが欠けているのではないか。焼き物を大いに使い、そして壊れてしまっても良いのではないか。もののはかなさを知り心が養えれば、生活を十分楽しん でいただきたい。これがもの作りの願いである。今後も楽しく、心和むようなうつわを作り続けていきたい。
 終わりに学長であられた丹羽先生の『技術は人なり』は私の好きな言葉である。
- これは、母校である東京電機大学交友会の依頼で書いた文書であり、私の思いであります。 -






奥武蔵エリア新聞
(朝日新聞 飯能・名栗・日高一部の折込配布) 破草鞋窯・岸道生
 『飯能焼復活に命をかける』 連載開始 6月4日(金)より毎週金曜日 
850259