原窯の発掘と遺物

 飯能市教育委員会により初めて

原窯跡の発掘調査が行われました。 

   平成6年

   1次掘抗調査試の全景

   第1次調査

 平成9年

   第2次調査

 平成10年

   第3次~5次調査 

 平成11年

   第6次調査 

 

    

                                            2号土坑西半分  

  1から4号土坑サヤ集中遺構

 2号土坑・・・陶工関係者の生活にともなう雑役坑(ご  

 み穴)

 第2次調査   5・6号土坑、サヤ集中遺構

 第3次調査   17~20土坑・・・双木本家近くで 冶 

           関連遺構を含んでいる。

           双木本家所有物が廃棄されたものか。

 第4次調査  7~16号土坑

 第5次調査  21~31号土坑、柱穴列

          25号土坑・・・多量の瓦、原窯生活品

          他産地生産陶器が一括廃棄されていたもの。 

 第6次調査  32~36号土坑、2号遺構

          36号土坑・・・飯能焼素焼き破片、窯道具が覆土に大量に混じっていた。本焼、他産地製品陶磁器

          の出土量は少なく、共伴遺物から江戸時代の遺構と考えられる。素焼物原に関係するものか 

         2号土坑東半分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                     第2次調査全景

 

 

 第2次調査

 

 

 平成26年 窯跡の発掘調査

 

 

 

                                                          窯  跡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

               遺  物

       

              窯壁の破片

 

 

 

 

 

 

         窯に使われたと思われるレンガ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

850259